日本の食料自給率をアップさせるために必要な事

日本の食料自給率の低さは、以前から問題になっておりました。
今回の新型コロナウイルスのように、外国からの輸入ができない状況であったり、野菜の需要が増えすぎたことによる高騰など、事あるごとに問題になってきております。

日本の食料自給率が低い理由は色々とありますが、最も大きな理由は、外国からのリーズナブルな物に負けてしまっているという事です。
特に野菜などは如実にその傾向が現れており、スーパーなどに行くと、質はそこそこだがとにかく安い外国産の野菜が多く並んでいるのが当たり前になってしまいました。
スーパーなどでは、逆に国産コーナーや地元の野菜農家が作った野菜コーナーなどが別に用意されるほどです。
日本の食料自給率を上げるためには、国内のコストを下げつつ、生産者の方が儲かる仕組みを作らなければいけません。

その問題に真っ向からチャレンジしているのが、いずみホールディングスの代表を務めている泉卓真さんです。
泉卓真さんは、国内の流通業界における中間マージンの在り方について見つめなおし、中間業者を入れずに流通できるような仕組みを作り上げました。
これにより、生産者は従来よりも高く買取ってもらう事ができ、消費者はこれまでよりも安く国内産の食材を購入することができるようになりました。